L1140047.jpg
 

It Is That It Is

- The Moon That 336,666 People Look At -

 
 
Mikito Tateisi explores how human creativity would be affected in the artificial intelligence era, where the reality integrates with the virtual.

Using Instagram hashtags defined as an interface of language, and its associated images, Tateisi reconstructs a large collection of images to propose “contemporary Ideas,” which contains the signified and signifier. This Ideas is a term constructs “id=it” and “ea=them”. By the interpretation, this series “Collective Idea” connects binomial elements in dynamic way such as image itself and image subject, man and object, individual and whole.

In this exhibition, the artist will show a new series by using everyday objects found at a hostel as subject-matter, where it becomes a meeting point of human body and memory.
 
Itisthatitis 2.jpg
 
 
 

イメージの奔流、その溜を汲みとる。

 現在、人類によって最も数多く産出されるもの。それはイメージだそうだ。一日に生み出されるヴィジュアルイメージは30億を超えるという。インスタグラムに代表されるソーシャルメディアがヴィジュアルイメージを核に機能している事にあきらかなように、我々はイメージの奔流に身をまかせている。

 このことはインターネットに接続したスマートフォンにより、異常な生産性、ポストプロダクションによる爆発的な自己増殖性、他者との共有性などをヴィジュアルイメージが獲得した事に起因する。誰もがイメージを生産し、編集し、共有することが容易い時代において、イメージが生みだすリアリティは身体が感知するリアリティよりも何層ものフィクションを保有しているのにも関わらず、我々に現実味を与える瞬間がある。我々は身体により知覚された現実に仮想のヴェールを纏わせたイメージを、コミュニケーションあるいはエクスペリエンスとして内在化し、よりリアルなものとして受容しているのだ。この現代は現実と仮想が未だかつてないほどに混ざり合い、あまりにも曖昧な世界となっている。我々はこの世界に、止まり木としての絶対的なイデアを求め生きている。

 本展において、立石はイメージと対峙する我々の現状を精緻に描写することで、人工知能時代における、人間とは何か、そして、人間の本質と言われる創造性とは何であるのかと我々に問いかける。そして、創造性を語るにあたり無視することのできない、現代のイデアを表出させようと試みるのだ。イデアを語ることはあまりにも短絡的であるようにみえるかもしれないが、立石はその崇高な響きが極めて現実的な側面を合わせ持つ事を自覚している。ラテン語である“イデア/Idea”という言葉は「見られるもの」を語源とし、“id=その”と“ea=それら”の構造体でもある。この文訳により、我々の目下にあらわれる様々な対象、その対象をそれたらしめるのは、それをも包括するそれらの存在が必要不可欠ある事を示唆する。つまり、ありのままのイメージとイメージが依拠する真理の双方にはじまり、リアルとフィクション、個と全などの二項要素が有機的に混ざりゆくのだ。

 このイデアに限りなく接近するために、立石は言語とイメージの相関係であるインスタグラムのハッシュタグ機能を使用し、ある対象に関する膨大な数のイメージを集収する。その数万から数千万に及ぶイメージをAIを用い、アッサンブラージュ的に再構築する制作手法をとる。本展副題である33万6666人が見る月はこの手法を端的に表わしている。“Where Art Will Be”月に紐付けられた言語により集収した約33万ものイメージを集積し、月の本質つまりイデアを汲み取ろうとする。古来から我々を見つめ続けた月のもとには、人が認知しうる臨界点ともいえる時-空を司る作品が集う。普遍的でありながら、変化をし続ける時間のイデアを主に捉える“Comparative Study of Upload Time” シリーズ。普遍的でありながら、移動し続ける空間を主に捉える“Halo”シリーズ。これら作品群はHOSTEL NINIROOMのレセプションに佇む。ホステルには止まり木としての役割がある。この止まり木としてのホステルは異なる時差をもつ土地から訪れる人々をレセプションは迎え入れる。それが同時に本展の始まりとなる。

 立石の作品は、ソーシャルメディアを介し集うイメージのミーティングポイントといえいる。イメージとは限りなく半透明で、それらが集積された彼の作品は、流れの中にある溜を覗き込み、その手で水を汲みとるような感覚へと鑑賞者をいざなう。そのイメージのミーティングポイントに重なり合うのが、人間の身体が流れ着き、留まり、また流れゆくホステルという場、身体のミーティングポイントだ。“イデアとしてのイメージ/現実としての身体” の集合、その境界における揺れ動きこそが立石のリアリティであり、現実と虚構の様々なレイヤーが折り重なる本展はその境界域に生まれうる創造性、イデアと対峙する試案なのだ。

髙木 遊
 
catalog_preFinalC0402.jpg
 

Far Side of the Moon

The artworks in this exhibition are procuded using system “Collective Idea” which Mikito designed and developped.

“Collective Idea” scrapes images on social media that relate to a specific hashtag, analyse the visual and output a single image by layering, averaging and arranging categorised images.

In the near future, economic delation will be occured on technology of artificial intelligence as kids can use them. The system is implemented based on the situation so that is published on a software development sharing platform as opensource. The list shows the ssytem’s workflow below.

1. Selecting Hashtag
Firstly, Mikito selects a hashtag, which is capable to express subject, by decomposing context that subject has into object, movement, emotion and or space. This job is a progress that artificial intelligence has difficulty to reproduce, and that the artist assumes there is an important hint of what human creativity is.


2. Collecting Image
Hashtag is literary hashed in a motif for instance #moon, #moonrocks, #moonlight, #moontattoo or #moony. Although we can find much precise hashtag that contains 10 thousand images to scrape, major hashtags let the artist to download easily more than 10 million images. This job takes a half day to sometimes 3 days. Even social media down size each images into around 100KB, the total download data will be more than 50GB.


3. Image Analysis Using AI
Nevertheless with the hashtag, the visuals differ to each other. However, by pooling a large number of images, the system on the cloud will be capable to find out 10 to 20 categories that contains common compositions and objects.


4. Merging As An Image
Mikito chooses a particular category to output an image by layering, averaging or arranging. Within the layering, will of timeline will be reflected to the outcome and outliers will affect the visual in averaging.
 
 

その - それら

336,666人の見る月

-

It Is That It Is

The Moon That 336,666 People Look At

-

KYOTOGRAPHIE KG+ Award 2018

-

HOSTEL NINIROOM

April 11th - May 9th 2018

-

Curation

Yuu Takagi